2019/04/04 腐食か‥愛知県管理の公園でベンチの鉄製支柱が折れ女性が大けが 扶桑町
愛知県
扶桑町
CBCNEWS
3日、愛知県扶桑町の公園で高さ3メートルほどの施設が突然倒れ、70代の女性が足の骨を折るなどの大けがを負いました。

公園を管理する愛知県によりますと、3日午後0時半ごろ、扶桑町の尾張広域緑道に設置された高さ約3メートルの休憩所で、散歩中の70代の女性がベンチに座ろうとしたところ、休憩所を支えていた鉄製の支柱が根元から折れました。

この事故で、女性はベンチに足を挟まれ、足の骨を折るなどの大けがを負いました。

休憩所は26年前に建てられ、支柱の根元が一部腐食していましたが、3月末の点検では異常は確認されておらず、愛知県は、点検自体が適切だったかを調べ、同様の施設すべての緊急点検を行っています。

倒壊し、休憩していた女性がけがを負ったあずまや=3日午後、愛知県扶桑町(愛知県提供)
倒壊し、休憩していた女性がけがを負ったあずまや=3日午後、愛知県扶桑町