2018/04/30 公園の遊具事故受け中津市が緊急点検 大分
大分県
中津市
大分放送

中津市の公園で29日、遊具のワイヤーが切れ、それに触った女子中学生がけがをした事故で、市は30日、市内の公園にある遊具を緊急点検しました。29日午後、中津市の豊陽公園で親子2人が「ターザンロープ」と呼ばれる遊具を使用中にワイヤーが切れました。親子にけがはありませんでしたが、片付けようとしてワイヤーを触った、中学1年の女子生徒が左手に軽いけがをしました。「ターザンロープ」はワイヤーに滑車とロープをつけてぶら下がって遊ぶもので、この公園には10年前に設置されました。市によりますと、事故が起きる2日前の27日に市の職員が定期点検したばかりだったということです。今回の事故を受けて、市は30日市内17か所の公園で遊具の緊急点検を実施しました。調査の結果、市内の公園にある遊具84基すべてで異常はみられなかったということです。市は1日も幼稚園や小中学校の遊具を点検します。また今回遊具のワイヤーが切れた原因についてメーカーと協力して調査する方針です。