2018/04/25 ブランコの下敷きで小4女児が死亡
栃木県
大田原市
産経ニュース
栃木県大田原市教育委員会は25日、同市内の民家の庭のブランコで遊んでいた同市の小学4年生の女児(9)が、倒れたブランコの下敷きになり死亡する事故があったことを明らかにした。 同市教委によると、女児は同日午後4時20分ごろ、民家に設置された木製ブランコに一人で乗っていたところ、ブランコが倒れ、下敷きになった際に頭を強く打つなどした。救急車で病院に運ばれたが、死亡が確認された。女児は事故当時、複数の友人と遊んでいたという。